サービス付き高齢者向け住宅建設について – 新規事業

『翠清福祉会が想うこと・・・』

2025年にむけて日本は超高齢化社会に向かっています。とりわけ高齢の単身者や夫婦のみの世帯が増加しており、いざとなった時の住まいの必要性が高まっています。

このような状況と国の政策の後押しを受けて、サービス付き高齢者向け住宅など高齢者住宅が建設されてきています。しかしながら、設定されている利用料金や居住スペース等を見ると高齢者の人権を守る立場の住宅はなかなか見当たらないのが実情です。このような状況の中で高齢者の人権を守りながら低家賃で暮らせる高齢者住宅の提供はますます求められています。

当法人は、設立以来コーポレートスローガンにあるように「誰でも安心して暮らせる老後を」のためにこれまで取り組んできました。この間、在宅サービスを拡充してきましたが、施設・高齢者の住まいへの対応は相対的に遅れています。住居を確保することは、基本的人権の基礎であるとともに、福祉の基礎ともいうべきものです。そのためには・・・

①高齢者のみを社会から切り離して住まわせるのではなく、社会の中で生活している高齢者の住まい

②生活保護の方でも入れるような家賃

③当法人が提供する介護サービス・医療系サービスと民医連の連携によるサービスで安心感を高めていく高齢者住まい

これらを、かたくりグループ・ケアハウスみとグループとあわせた当法人の中で実現をしていきたいと考えています。

来夏オープン!サービス付き高齢者向け住宅の名称決定!!-水戸市 サービス付き高齢者向け住宅-

‐水戸市 サービス付き高齢者向け住宅‐ 始動!!

サービス付き高齢者向け住宅 かたくりの家 祝!上棟式

サービス付き高齢者向け住宅 かたくりの家 内覧会のお知らせ

介護サービスをご検討の方はこちら
就職をご検討の方はこちら