働き続けられる職場を

次世代育成支援に関する一般事業主行動計画

職員が、仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするために、次の行動計画を策定する。

1.計画期間

2015年(平成27年)4月1日~2020年(平成32年)3月31日までの5年間

2.内容

目標1:年次有給休暇取得率の低い事業所の職員の取得をすすめ、平均取得率も引き上げる

≪対策≫

●2015年度中に年次有給休暇の時間単位付与制度を導入する

●毎年2回定期的に、全職員および事業所毎の年次有給休暇取得率を把握し、イントラネット等で周知し取得推進を呼びかける

●計画的な取得に向けて管理者研修を期間内に実施する

 

目標2:女性職員産休者の育児休業取得率を80%以上にし、全員職場復帰させる

≪対策≫

●全職員へ育児休業等の制度について、イントラネット等で広報し周知を図る

●産休・育休代替要員制度等、活用できる制度を利用しスムーズに確保する

●育児休業中も情報提供や面談の機会をつくり、職場復帰がスムーズにいくよう支援する

 

資格支援を支援しています

介護福祉士・ケアマネジャーの資格取得を支援しています。また、看護師資格取得も支援をしており、看護学校派遣を毎年行っています。

介護サービスをご検討の方はこちら
就職をご検討の方はこちら