翠清福祉会の基本理念

翠清福祉会3つの理念

翠清福祉会は、「誰もが安心して暮らせる老後を」という願いを持ち寄った市民運動によって、1992年に設立されました。

私たちは憲法25条を実践し、誰もが無理のない負担で必要な介護を受けられる福祉の実現をめざし、安心して暮らせる地域づくりに貢献します。

  1. 私たちは、地域の要求に基づき高齢者の人権を守る保健・介護・福祉の事業をすすめます。
  2. 私たちは、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活を送れる地域福祉づくりをすすめます。
  3. 法人は、理事会、評議員会、職員労働組合、利用者の自主的組織、友の会の5者の民主的な協議を重視をすることを原則に据え民主的運営をすすめます。

日本国憲法第25条

  1. すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
  2. 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

わたしたちの処遇への想い

「あなたの大切なことを 大切にしたい」

2012年度1年間かけて全職場の職員参加の下で処遇への想いを統一するための議論を重ねてきました。

その結果法人全体としては「あなたの大切なことを 大切にしたい」としました。各職場も次のように定めました。

介護サービスをご検討の方はこちら
就職をご検討の方はこちら